August 17, 2008

同じ誕生日の人たち

Birthdaymania
僕の誕生日を祝ってくれた人

8月17日は奥さんの誕生日。
友人のアンサリーさんも偶然にも8月17日が誕生日。
毎年、二人は電話でお互いの誕生日を祝い合う。
側で見ていて微笑ましい。
今年も電話していた。
取り次ぐ僕もうれしい気持ちになった。

同じ誕生日は有名人の同じ誕生日の人が誰それと確認し合う。
それは、他の誕生日の人には全く興味が湧かないのに、
当人たちは知っている。各々がその誕生日のマニアだ。
不思議なもので1日違いでも1週間違いでも近い日だと親しみがわく。

僕は、7月22日生まれ。
今年、初めて同じ日の誕生日の人に会った。
お互い照れくさいがうれしいという感じだった。

| | Comments (6)

January 01, 2008

新年のあいさつ

08gasyo
写真 まっきん


明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
昨年次女夏乃が生まれ四人家族になりました。
大変は大変ですが、楽しい瞬間の方が多くあります。
今年も色々楽しみです。

| | Comments (4)

June 06, 2007

本日発売!

Nijiiro
2007.6

歌手のNUUさんが小春の1歳の誕生日プレゼントに作ってくれた
「小春」という曲。
今日発売の「縫う」というアルバムに収録されている。
本当に良いアルバムです。「小春」にはなんと小春の歌声も。
NUUさん曰く「小春を見ていたら自然に出て来た曲」。
それでも、親としては子供の曲があるなんて
どう表現したら良いのかわからない程うれしい。
小春本人は、名の通り「テーマソング」を好んで鼻歌で歌う。
先月、NUUさんのCDを聴いていたら小春が珍しく
「小春ちゃんの歌がいい」と言い出したので、
「もうすぐできるんだよ」と言っても納得しないので
じゃあNUUさんに頼んでみようとNUUさんに電話して
小春が「小春ちゃんの歌がいい」と留守電にいれた。
まさにその時間、「小春」を録っていたという。
NUUさんと小春には何かある。

NUU公式HP http://nuu-nuu.com/

| | Comments (2)

May 11, 2007

仕事のお父さん

Dennsya


先日、電車で乗り換えのため運転席の横を通ると通過待ちをしている運転手が見覚えのある人だった。
なんと子供の保育園で一緒のお父さんだった。
家に伺ったこともあるくらいの仲ではあるけど職業までは知らなかった。
思わず声をかけ、突然のことにお互い驚いた。
制服を着てとても凛々しい姿は、お迎えで会う時とはまるで違ってかっこ良かった。
電車を降りて進行方向の出口を出てなんとなく運転席を気にしながら歩いていると
汽笛を慣らしながら敬礼をしてくれた。
鳥肌が立ちました。

| | Comments (2)

May 06, 2007

ありがタイ

Arigatai


先日、おじいさんが席を譲られた後、譲った女性に「ありがたい」と言って絵はがきを渡していた。
絵はがきには赤い鯛の絵が描かれていた。
「趣味で描いたものですから、どうぞお持ちください」と。
爽やかでさりげないお礼に、女性も喜んでお礼を言っていた。
僕もその絵はがきが欲しいと思った。
僕は子供の頃、お使いや回覧板を持って行ったときに玄関先でお駄賃をもらったのを思い出した。
あの頃、お駄賃が貰えるかもしれないというので、率先して近所にお使いに行っていた。
今はちょっと高齢の方に声をかけるの勇気がいるから、
お駄賃欲しさといった軽い感じで席を譲ろうって思えたら、もう少し楽しくなるだろう。

| | Comments (2)

December 02, 2006

魚屋閉店

Sakana1
2006.7

Sakana2
2006.7

奥さんの実家には玄関に魚屋さんのトラックが乗り付ける。
玄関から「こんにちは、今日は〜?」と声がする。
「今日はいいわあ」
「今日は何が良い?」などとやり取りがある。
仕入れの仕方が良くどの魚もとてもおいしい。
そんな魚屋さんがウチにも来てくれたらなと思う。

ウチは近所に土曜日だけ開店する魚屋さんがある。
問屋さんがやっているパック詰めのための作業場兼倉庫で
発砲スチロールから袋に直接入れて買う。
そのどれも美味しくて、なんでも塩焼きと刺身で楽しんでいる。
家族3人とも魚が大好きなので週末が待ち遠しい。
小春は給食で魚が出ると他の人の皮までもらって食べているらしい。
魚屋さんには10時に必ず行っている。
安くて良い魚なのに品数が少ないので、開店と同時に行かないとすぐに売り切れてしまう。
結婚してからすぐに行き出して、
小春が生まれて3人で通い、今では小春と二人きりで行ける唯一の買い物。
小春も魚屋さんだけはお父さんと二人で買いに行くものと思っている。
入江家の鮮魚はここでしか買わない事になっていた。
それなのに昨日行ったら12月16日で閉店との貼紙。
顔なじみの店員さんに心から「閉店したら魚をどこで買えばいいのかわからなくなります」と話す。
あの魚屋さんが閉店する事は、結婚してから今までの思い出の重要な部分が消えてしまうようで
とても寂しい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 15, 2006

木漏れ日パーティー06

Komorebi1

Komorebi2
2006.11.12

毎年、11月の2週目は勝沼の原茂園でのハラモワインの「葡萄棚の下の木漏れ日パーティー」がある。
記録係ということで毎年参加させてもらっている。
葡萄棚の下で、ワインはもちろん、炭火で焼いた地鶏、焼きたてのパン
地元の野菜サラダ、豆腐屋さんの豆腐、10種のデザート。
切りがないですがまだまだ美味しいものがありました。
今年はNUUさんのコンサートも。
毎回美味しくて、ほろ酔いで楽しく、
こんな気持ちの良い仕事はなかなかありません。
今年も楽しかった。

※2007年カレンダー予約受付中
詳細はコチラです。
http://enikki.cocolog-nifty.com/iriephoto/2006/10/post_a132.html

| | Comments (178) | TrackBack (0)

October 14, 2006

2007年 カレンダー

Calen
※画像は2005年度のカレンダーから。カレンダーのデザインが決まり次第画像を変えます。

生活の中で自然に写真を見てもらうにはカレンダーはとても贅沢な方法だ。
一ヶ月を通して一枚の写真を飾ってもらえるのはうれしい。
セピア色のキャビネサイズの写真を自分で12枚選んで手で貼って作ります。
値段は送料込みで三千円です。
ご注文はコメントもしくは下記のメールからお願いします。

iriephoto@yahoo.co.jp

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 18, 2006

NUUさんの表情

Nuumayu 

2006.9.10 青梅繭蔵

青梅の繭蔵というカフェでNUUさんのワンマンライブがあった。
僕も家族写真の撮影で参加させてもらった。
NUUさんからライブ中の表情を撮影してほしいと依頼を受けた。

NUUさんの唄は心地よい歌声で聞いているだけでとても楽しい気持ちになる。
それからNUUさんは表情でも歌っている。
唄により、ことばにより表情がくるくる変わり見ているとさらに楽しくなる。
そんな表情が伝わる写真が撮れたと思う。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 13, 2006

バレンタインデーにもの申す

sennbei

バレンタインデーには中高生の頃にチョコをもらったり、
告白を受けたりというドキドキする様な淡い思い出がある。
バレンタインにはチョコは欠かせないアイテムである。
しかし、僕はチョコがあまり好きではない。
一つ食べるくらいなら良いけど、1BOXも食べられません。
なぜチョコでなくてはならないのか、僕は考えた。
もちろん、バレンタインデーはキリスト教のお祭りだか、逸話だかがベースにあるのだから、
デパートなどが仕掛けた「プレゼントにチョコ」はうまいアイディアだと思う。
でも、なぜ日本で定着したのか?
たぶん、女の人があれこれ悩みながらチョコを買うのが楽しいからではないか。
これが、西洋式に男がプレゼントする側だったら、チョコを選ぶのは楽しめないと思う。
バラの花束を送る日になっていたのでは。
そしてホワイトデーもクッキーやキャンディー選びは楽しくない。
個人的な好みで言うと、バレンタインデーにはせんべいかスナック菓子か酒のつまみがほしい。
世の成人男性はけっこう本気でそう思っているのではないだろうか?
バレンタインのチョコに費やす同等のせんべいならとても美味しいものが期待できる。
でも、これぜったい定着しないと思う。
だって、女の人がせんべいを楽しそうに選ぶ姿は想像できないから。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧