2008/12/03

わたしのともだち19・ハイビーム戦争

譲り合いながらでないと車が通れない小さな踏切。
線路をはさんで少し山になっているので、
待ってる間はライトを消さないとハイビームのようになってまぶしい。
この前、対向車がライトを点けたままなのに、なかなか踏切が開かなかった。
我慢してたけど、むかついてきた。
「こっちも点けたらわかるんじゃない?」と
醜いハイビーム戦争勃発…
と思ったら、奇跡が起こった。
光と光の真ん中にすっと現れたのは、わたしのともだちだった。
我々の邪悪な心はすぐに消え、驚喜に包まれた。

引越しても、生活圏は変わらない。
わたしのともだちにもまた会えるのは幸せなことだ。

081118

| | コメント (9)

2007/11/21

わたしのともだち16・遭遇

友人が私の家に遊びに来る途中に、
わたしのともだちと思われる人物に会ったらしい。
絵日記の中でしか見た事ないわたしのともだち。
しかし友人は、風貌、店のおばさんとのやりとりから彼だと判断し、
「ねえ、かさこ地蔵やった?」と唐突に尋ねた。
「やった。」
疑うことなく躊躇うことなくまっすぐな答え。
わたしのともだちに間違いない。

071120

| | コメント (6)

2007/11/14

わたしのともだち15・ボクはそんなに子どもじゃないよ。

「TSUTAYAで何借りたの?」
「何だと思う?」
「ドラゴンボール?」
「う〜・・・」
「じゃっ、ウルトラマン?」
「ボクはそんなに子どもじゃないよ。」
「あぁ、ごめん。じゃあ、何?」
「ドラゴンボールだけどさ。」

071030b

| | コメント (9)

2007/03/19

わたしのともだち11・後悔

「ボク、後悔してるんだ。」
道で出会ったわたしのともだちが、珍しく自分から話し出した。
「今日、マラソン大会で、ず〜っと走って追いかけたのに、
参加した人しか賞品はもらえなかったんだ。
走ったのに。出ればよかった。」

ホント、その通りだね。大好きです。わたしのともだち。

070310

| | コメント (4)