« 七夕の願い事 | トップページ | リーダー »

2010/07/11

小春初めて親元を離れる

保育園の年長さんだけの2泊3日の道志村キャンプ。
小春が、生まれて初めて親元から離れた。
キャンプから帰って来るのは16時頃。
子どもたちがどんな顔して帰って来るかが楽しみで
父母たちはそれぞれ仕事を休んだり早退したりして出迎えに備えた。
毎年恒例、バスから降りてくる子どもたちに盛大な紙吹雪。
小春はきっと恥ずかしそうに、でも誇らしげに歩くだろう。
この日のために年長さんたちが仕込んでくれていた梅ジュースで乾杯。
何日も前からそんな光景を思い浮かべ楽しみにしていた。
…が、我々2人は遅刻した。
保育園に着くと、もうとっくに小春たちは帰って来ていて儀式を終えていた。
タイムマシーンの開発が待たれる。

100709a
100709b
100709c
100709d
100709e

|

« 七夕の願い事 | トップページ | リーダー »

コメント

うう・・・胸がいたい・・・
早くタイムマシーンが開発されますように!


それにしても、小春ちゃんたちの保育園 梅ジュースを
仕込んだり 藍染をしたり、素敵な保育園だなあ。

うちのちかくにもあればいいのに。

というゼイタクも言えない待機児童のうちのちびっ子なのでした。

投稿: habla | 2010/07/12 08:21

つい私も思い出して切なくなりました。

実は私もお兄ちゃんのとき、遅刻しました。

どんな顔してバスから降りてくるかな?って
ワクワクどきどきしてたのに…。

1回コッキリ。同じ状況はもう2度と無いのに!
誇らしげな顔を見たかったのに!

などなど考えに考えまくり
かなり長い間クヨクヨしてました。

投稿: happanappamama | 2010/07/12 21:47

なかなか立ち直れませんね〜。
描いたらやっと切り替わりました。
無事に帰ったことを喜んであげなくちゃいけないのに、
当日はもやもやしたまま。きっと顔に出まくりでした。
余計小春に悪かった〜

投稿: カヨ | 2010/07/12 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七夕の願い事 | トップページ | リーダー »