« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009/07/31

パンツなき応援団

お父さんのサッカーの応援。小春は朝から張り切っていた。
それなのに、、、
試合前に駆け込んだサッカー場のトイレは和式。
パンツの下げ位置の指導を母は誤った。
まるで的のようになってしまったパンツ…。
それをその場で洗濯。替えのパンツはなし。
すっかり意気消沈した小春だったが、試合が始まると、元気に応援していた。
風通しの良すぎるスカートで。

090726a

090726b

応援された人の日記↓
http://enikki.cocolog-nifty.com/iriephoto/2009/07/vol208-988b.html

| | コメント (7)

2009/07/30

好青年

その好青年は、休憩中を連れてこられたようだった。
私は、入江ちゃんの誕生プレゼントにシャツを探していた。
入江ちゃんは肩幅が異常に広いので、Lでも物によってはきつい。
店員さんに尋ねると、「スタッフに肩幅が広い者がおりますので、ちょっとお待ち下さい!」
…そして連れてこられたのが、彼だった。
お互い戸惑いながら、シャツを見る。
彼のアドバイスは何の役にも立たなかった。
会話もぎこちなかった。
「ファッションがお好きなんですか?」要らぬ質問までされた。
私1人の力で選んだシャツを、彼はものすごく時間をかけてラッピングした。
待ってる間見ていたレディースの服、
やっとラッピングし終わっってやって来た彼が「気になるものがございましたか?」と聞くので、
「これ。でもレーヨンなのに水洗いOKの表示なんですね。」
と独り言のようにつぶやくと、
緊張した顔で、「レーヨンの中でもタフな……すみません!!」
嘘をつこうとして、速攻で謝った。
暑い夏、好青年はいいもんだ。

090722a

090722b

| | コメント (4)

2009/07/23

鳥さんがいるよ〜

「メダカがいるよ〜。見てごらん」
優しかった植木屋のおばちゃんが、
私の「こっちに鳥さんがいるよ〜」の声で、
鬼になって飛んで来た。

090723

| | コメント (2)

2009/07/21

夏乃日記 vol.21 やっぱ、言わないと…

なんか急にペラペラしゃべり出したみたいな感じになっちゃって悪いけど、
やっぱ、細かいニュアンスは口で伝えないとね。

090721

| | コメント (3)

2009/07/17

吉保汁

冷蔵庫にあるもので作り始めた適当な料理。
どうも味の着地点が見えなかった。
で、大意はなく嘘をついた。
「これ、吉保汁。柳沢吉保が大好物だったんだって。汁っぽくないけどね。」
「へ〜おいしい♡」
味はネーミングにより着地に成功。
でもこれは信じやすい入江ちゃんにだけ有効だけどね。

090717

| | コメント (3)

2009/07/13

夏乃2歳

お名前は?
「(なっ)ちゃん」
好きな食べ物は何ですか?」
「バナナとパイパイ(おっぱい)」

保育園のお誕生会では、誕生月の子どもが前に出て先生にインタビューされる。
小春と夏乃は随分前から、練習していた。
本番では…
「好きな食べ物は何ですか?」
先生の問いかけに
「パン」
と聞いた事もない答えをしたなっちゃん。
なんでかっこつけちゃったの?

090713
普段おとなしい小春が思わず大声でつっこんでしまったそうです。
7月13日、夏乃2歳になりました。

--------------------------------------------------------------
※「よりみちの天才」まだまだよろしく。
平積みにしてくださってる本屋さん!有り難うございます。
紀伊国屋書店新宿南店さん、ブックファースト青葉台店さん、有隣堂新百合ケ丘店さん、あおい書店横浜店さん、啓文堂鶴川店さん(どんだけ見に行ってんだ、私)
啓文堂吉祥寺店さん!!(見に行きたい!)

| | コメント (15)

2009/07/10

なっちゃんの引き出し

全然しゃべらなかったなっちゃんだが、
4月頃からだっただろうか、
普通に私たちの会話に参加しはじめた。
え?なっちゃん、そんな事までしゃべれたの?
親や保育園の先生は毎日びっくりしている。
しかも黙っていた期間に、覚えたのか、
言葉の選択とタイミングは見事だ。
なっちゃんは、その引き出しにまだまだ相当ため込んでいるに違いない。

090708

※「よりみちの天才」引き続きよろしくお願いします。

| | コメント (6)

2009/07/07

蕎麦屋前

蕎麦屋の前を車を通過。
ちょうど中から人が出て来た。ベロで口の中もぞもぞさせながら。
とたんに自分の口の中がネギ臭くなり、
上の歯の隙間にそばの柔らかいカスが挟まっている感覚が…。
人間の想像力は時として厄介だ。

090704

| | コメント (0)

2009/07/03

朝の道案内

朝、洗濯物を干していると、おもちゃのバギーを押しながら小春がやってきて言った。
「じゃあ、お母さんが、道を教える人ってことね。」
後ろをバギーでぐるりと周り…
「あの〜〜すみません。地獄へは…?」

090625

小春は家にある『日本の民話:じごくけんぶつ』をお父さんに読んでもらい、
覚えていたのでした。

***************************************
フクダカヨ「よりみちの天才」本日発売です!
私ももう買いました。

| | コメント (15)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »