« トントン | トップページ | なっちゃんのお仕事 »

2009/05/12

おならうんちおしっこ期

全子どもが通過する「おならうんちおしっこ期」に、小春はいる。
魔法の言葉「おなら」と唱えるだけで転げ回って笑う。
友人の大谷哲也さんが遊びに来た時も、小春は「おなら〜おなら〜」としつこく踊ってた。
それなのに…。
絵本を読んでくれた哲也さんが、小春を笑わそうと例の魔法の言葉を盛り込むと、
「本の通りに読んで!」
と顔色ひとつ変えず、余計なアレンジをたしなめた。

090425

|

« トントン | トップページ | なっちゃんのお仕事 »

コメント

こどもは、絵本の読み方には結構シビアなんです。
何しろすっかり覚えこんでしまうくらい頭に入ってるから。
小春ちゃんのその言葉に「はまってる期」はいつまでかなあ。
その言葉にシラ~とした視線を送るようになると、親としてはなぜか寂しさが・・・。

投稿: きじねこや | 2009/05/13 16:11

きじねこやさん
「それとこれとは別」なんでしょうね。
哲也さん、空振りで情けなかったです。

投稿: カヨ | 2009/05/14 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トントン | トップページ | なっちゃんのお仕事 »