« 犬のいる生活 | トップページ | 食洗機との距離3・支配下 »

2009/02/17

もういい

小春はなっちゃんを抱っこしたがる。
階段でそんな気配を感じ、「危ない!」と慌てて止めに行くと、
なっちゃんがはっきりした口調で
「もういい」と言っていた。

極めて少ないなっちゃんの語彙に、新たに加わった言葉は、
意外な、でもなっちゃんにとっては生死にかかわる重大な一言だった。

090217

|

« 犬のいる生活 | トップページ | 食洗機との距離3・支配下 »

コメント

以前の日記にもあったように、なっちゃんてふつーにおじゃべりできるのではcoldsweats01
ちっちゃい大人?

投稿: natsu | 2009/02/18 00:30

いいなあ、なっちゃん。
「もういい」。冷静だ。

友人ちの長男の、初めての二語(一単語じゃないコトバ)は
焼肉やでの「にく、もっと。」だったそうです。
わりと声も張ってたそうです。おっさんかと思ったと。

彼にとっての重大な。
にく、もっと。
いい話です。

投稿: ショージ | 2009/02/19 13:32

natsuさん
うん。相当しゃべれるはず。
もうあきらめてしゃべればいいのに。

ショージさん
わっはっは!「にく、もっと。」
人間は必要な言葉から発してゆくんですな〜。

投稿: カヨ | 2009/02/19 21:43

子供って、語彙を溜め込んで一気に話し出すようなイメージがあります。
「もういい」は、その中でこぼれた一言でしょうかね。

投稿: カプサイシン | 2009/02/19 21:44

カプサイシンさん
私の1分後(同時か?)にコメント頂いてたんですね。
語彙、ものすご〜〜く溜め込んでる気がします。
ホント、うっかりこぼれちゃった感じですね。

投稿: カヨ | 2009/02/19 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬のいる生活 | トップページ | 食洗機との距離3・支配下 »