« 番外編:夏休みの工作 | トップページ | ピスタチオ »

2008/08/26

それでもボクはやってません

夜中にトイレの水が止まらなくなった。
入江ちゃんがタンクの中に手をつっこみ色々やってなんとか止まった。
翌朝、マンションの管理会社に電話して水道屋さん(?)に来てもらった。
「旦那がガチャガチャやってみて、一応は止まったんですが…。」
「見てみましょう。」
それから水道の元栓しめて30分程作業。
「終わりました。
だけど、僕は何にもやってません!
旦那さんが全て直されました。僕はちょっとゴミを取った程度です!」
背筋を伸ばし、妙にきっぱりと言い放って帰って行った。
なんだかわからないが、その後ろ姿がプロっぽかった。

080729

|

« 番外編:夏休みの工作 | トップページ | ピスタチオ »

コメント

イリエさん、すごい!

プロの仕事だったってことですね。

水道屋さんも正直な方だったんですね。

投稿: koire | 2008/08/26 22:27

カヨさん、いつもうまいタイトルつけますねえ。感心してしまいます。
その水道屋さん、何も修理してなくても出張費は請求して行ったのでは?なんて、セコイこと私考えています。
で、その後のトイレの状態は落ち着いていますか?

投稿: きじねこや | 2008/08/28 15:37

koireさん
そうか、入江さんがすごかったのか。

きじねこやさん
トイレ、「全て旦那さんの力で」落ち着いています!

投稿: カヨ | 2008/08/28 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編:夏休みの工作 | トップページ | ピスタチオ »