« リアルシンプル | トップページ | 堰を切ったように »

2006/10/27

女性専用車両

この前初めて「女性専用車両」乗った。
重たい荷物を網棚に載せようとして驚いた。
小さい小さいカバンがずら〜〜っと並んでいるのだ。
どう考えても手に持っていて何の支障もない大きさ。
まるで友人宅のソファにひょいと置くような気安さだ。
とても新鮮な光景だった。
普段電車の網棚に置かれてるのは、おじさんの黒いカバンばかり。
なるほど、「女性」という共通項だけで、人はここまで開放的になるのか。

061011

|

« リアルシンプル | トップページ | 堰を切ったように »

コメント

私も1度だけ乗ったことがあるよ。
いい匂いがするよね~いいよね~

投稿: まっきん | 2006/10/27 20:10

この前初めて「女性専用車両」に間違えて乗ってしまった。
まるで女子トイレに間違えて入ってしまったような気まずさで、
急いで隣の車両に非難(?)しました・・・ (汗)

電車を待って並んでいたらその車両が女性専用だったりして、
時々困ることがあります。
男女同権の時代はいつ来るのでしょうか? 男だって人間だ。

投稿: すみ 春魚 | 2006/10/28 10:53

まっきんさん
いい匂いしました!
そして、急ブレーキなどで倒れてもみんなやわらかいから怪我しないんじゃないかとまで思いました。

すみ春魚さん
入江は、朝は男性専用車両が欲しいと言っていました。
痴漢に間違われないように神経使うのは面倒くさいですよね。

投稿: カヨ | 2006/11/04 02:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リアルシンプル | トップページ | 堰を切ったように »