« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006/10/28

堰を切ったように

ここのところ、小春は「堰を切ったように」しゃべっている。
そしてその貯水池の深さは計り知れない。
まだ何もしゃべれなかった頃の出来事が、何かの拍子に(耳から入った言葉だったり、目に入った何かだったりに刺激され)、堰が外れ、勢いよく言葉が飛び出してくる。
やっぱり赤ちゃんはしゃべらなくても、全部聞いているのだ。
あの人たちはすごい。

050716s_1
おばあちゃんちで雀に餌
061022_1

| | コメント (9)

2006/10/27

女性専用車両

この前初めて「女性専用車両」乗った。
重たい荷物を網棚に載せようとして驚いた。
小さい小さいカバンがずら〜〜っと並んでいるのだ。
どう考えても手に持っていて何の支障もない大きさ。
まるで友人宅のソファにひょいと置くような気安さだ。
とても新鮮な光景だった。
普段電車の網棚に置かれてるのは、おじさんの黒いカバンばかり。
なるほど、「女性」という共通項だけで、人はここまで開放的になるのか。

061011

| | コメント (3)

2006/10/25

リアルシンプル

現在発売中の「リアルシンプル」(日経BP社)12月号、P84〜85に
私出てます。
取材の時、我が家に来てくださったリアルシンプルのみなさんは、
非常に感じがよく、帰りがけには、小春のテントに一人ずつお入りになって行かれた。
出来上がった紙面は、あの時の和やかな空気そのままだった。
感じのいい人たちは、感じのいい仕事をするのだと思った。

060906

| | コメント (9)

2006/10/24

ミドリシマさん

駅前のスタバで。
トイレに行こうと思ったら、おじいさんが入って行った。
そのすぐ後に緑のボーダーを着た男の人がトイレの前に行き、「使用中」になっているのを見て自分の席に帰って行った。
おじいさんがトイレから出たのと入れ違いに、女子高生が入った。
緑のボーダーが来た。使用中。帰って行った。
女子高生が出たので私がトイレに。(ごめん)
その後、ずっと、緑のボーダーの男性は、
トイレの前に行っては首をかしげて自分の席に戻るという事を繰り返していた。
タイミング悪いにも程がある。
教えてあげるのはお互い気まずい。
私たちが店を出る時、彼はまだトイレに入れないまま、穏やかな顔で本を読んでた。
「ミドリシマさん、今なら空いてますよ。」と心の中でつぶやいた。

061014b

061014c_1

| | コメント (4)

2006/10/19

小春2歳

2年前の今日、私の身体から人間が出てきた。
今でもそれが不思議でしょうがない。
そしてその人はしゃべったり、歌ったり、馬に乗ったりする。
そんな状況に、いまだにどきどきしている。

061019

| | コメント (14)

2006/10/18

父の看病

かいがいしい、小春ちゃん。
その様子にちょっと驚き、そしてとてもうれしかった。

061016

感涙の父の日記↓
http://enikki.cocolog-nifty.com/iriephoto/2006/10/vol_d2e2.html

| | コメント (2)

2006/10/16

ガオもどうぞ

ガオ、そっち飲んでい〜よ〜!」
出ない乳さえ(だからか)、お友達と半分こできる
素敵な娘に育ちました。

061014

| | コメント (5)

2006/10/13

卒乳はしたけれど

今年6月半ば、小春は卒乳した。
その後の夜は大変だった。
夜中に目が覚めた時、おっぱいなしで再び眠りにつくには
どうしたらいいのか、私も小春もわからなかった。
あんなに悩んで決めたはずの「卒乳」に、くよくよ後悔なんかしてみたりした。
そしてようやく慣れてきた頃、新たな展開が…。
ふざけてるうちにおっぱいを吸い始めた。
もちろん、もう一滴も出ていない。
だけど小春は、ちゅーちゅー吸って、たまに水分補給にお茶を飲んで、
満足そうだ。
それならよかった。

061005a_1

↓なんとなくこんな事に…
061005b_1

061005c_1

| | コメント (4)

2006/10/08

うちの出来杉くん

うちの入江ちゃんは、今まで会った誰よりも大人で、誰よりも素敵。
入江ちゃんは人と自分を比べない。妬まない。かっこつけない。隠さない。
心から尊敬している。
だけど、奥さんは結構隠したりしてますから、
その辺どうぞよろしくお願い申し上げます。

060929a

060929b

| | コメント (4)

2006/10/04

わたしのともだち7・カメハメ波

車の窓からわたしのともだちが見えた。
「あ、ともだちだ!あ、カメハメ波出すみたいよ。あ、くしゃみ出ちゃった。」
通り過ぎるほんの数秒の間にも、人の心を和ませる、
大好きなわたしのともだち。

060930_1


| | コメント (2)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »