« 赤い蠟燭とレバニラ | トップページ | 逆子ナオル »

2004/08/30

丸中ちゃんへの伝言

子供の頃、夏休みのうちの茶の間は、商談をとっくに終えても帰らず高校野球を見ている問屋さんであふれていた。うちは呉服屋だった。
そんな問屋さんの一人、丸中ちゃん(本名は違うが、会社名でそう呼ばれてた)には、宿題の絵を描いてもらっていた。空と雲を時間をかけて一生懸命描いてくれてた。
言ってなかったと思うんだけど、あの絵、金賞もらったからね。
丸中ちゃん、おめでとう。

000406.gif

|

« 赤い蠟燭とレバニラ | トップページ | 逆子ナオル »

コメント

「丸中ちゃんでも『金』カヨちゃんでも『金』」ですなぁ・・・

え? ただ「田村でも『金』谷でも『金』」
ってフレーズ、使いたかっただけです、ハイ・・・

丸中ちゃんも、絵描いてる絵を描かれるとは、
思ってなかったでしょうね~
「こんな事なら、(柴田)恭平ちゃん(サン)グラスしておくんだった・・・」
って丸中ちゃん。って「カンケイナイね。。。」

投稿: え? | 2004/08/31 01:41

問屋さん?宿題やってもらえたんだぁ
・・・しかも金賞って(笑)

投稿: もぐら | 2004/08/31 07:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い蠟燭とレバニラ | トップページ | 逆子ナオル »